小物で演出するニューボーンフォト

スポンサーリンク

一生の思い出となるニューボーンフォトをさらに可愛く、神秘的に引き立たせる演出はママパパの工夫次第。

花で飾ったりブランケットでくるんだり…

スポンサーリンク

好みの小物をうまく使って家族みんなの思い出になる写真を残しましょう。

ニューボーンフォト 小物

あなたのアイディア次第でかわいさ倍増!?目いっぱいの工夫を凝らそう

生後数日~3週間くらいまでの生まれたての赤ちゃんを撮影するニューボーンフォト。

一生のうちのほんの限られた時間だけの記念写真なので、その演出や雰囲気づくりにはこだわりたいですよね。欧米では外やスタジオでの撮影が一般的に行われているようですが、日本ではお宮参りの時期まではあまり外出しない、という考え方が普通かなと思います。
なので、日本でもようやく広がりを見せ始めたニューボーンフォトは、カメラマンが自宅や産院へ出張して撮影するケースが多いかなと思います。

その際、赤ちゃんをより可愛く、神秘的に引き立たせるためには、撮影を演出する小物や衣装などが力を発揮しますよね。

撮影小物は、出張撮影の場合、ほとんど写真店やカメラマンが持参準備してくれます。
背景に利用するブランケットや帽子、ヘッドバンドなどなど。

もちろん、ママやパパが自分で考えて工夫を凝らした小物を準備するのも楽しいですよね。

花や髪飾り、ぬいぐるみ、動物や天使をモチーフにした衣装なども赤ちゃんの可愛らしさ倍増です。

そのほか、赤ちゃんの小ささを表すことのできる可愛いカゴに入れてみたり、ふわふわのラグに包んだりしてみてもいいですね。また、そういう小物に加えて、自宅のペットなどと一緒に撮ってもいい記念になりそうです。もちろん、お兄ちゃん・お姉ちゃんも。

ぜひ、パパママのお好みで、可愛い赤ちゃんをさらに可愛くできる小物を準備して撮影してみて下さい。

ただ、可愛いからといって赤ちゃんの負担になるような演出はしないようにして下さいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ