ニューボーンフォトを自分で撮ってみる

スポンサーリンク

一生の記念になるニューボーンフォト。

プロのカメラマンに頼むか、自分でチャレンジするか…

スポンサーリンク

ここでは、自分で写す際の心構えや注意すべきことについて紹介します。
ぜひ自慢の腕とカメラで世界一可愛い我が子の写真を残してあげて下さい。

ニューボーンフォト 自分で

自分でニューボンフォトを撮る際の心構えと注意点

欧米では日常的に行われているニューボーンフォト。
生後数日~3週間くらいまでの生まれたての赤ちゃんを撮影します。

最近日本でもようやく広がりを見せてきたようですね。

約3週間というわずかな期間だけの撮影チャンス。撮影はプロに頼むのか、それともママ自身(あるいはパパ)がチャレンジするか…

プロカメラマンに頼めばスタジオでの撮影にしろ、自宅や産院への出張にしろ、その技術を駆使し、演出や撮影環境などに工夫を凝らして一生の思い出になる写真を撮ってくれることでしょう。
ただ、プロにお願いすれば当然それなりに料金がかかるのも確かです。

そこで、愛しい我が子のニューボーンフォトは自分で撮ってみる、というのも一つの考え方ですよね。

自分で撮ってみよう、と考えられているママやパパは、やはり出産するまでの事前準備が最も大切です。
特にママは産後は歩くのも辛くなるなど、思いのほか体調が戻るのに時間がかかったりします。
撮影時期は限られた期間なので、こんなはずじゃなかった、ということのないように万全の準備をしておきましょう。

準備物はいろんな写真店やカメラマンのHPやブログでニューボーンフォトが紹介されているので、赤ちゃんの可愛らしさを引き立てる衣装や小物を準備してみましょう。
また、赤ちゃんの撮影ポーズやアングルなども参考にして、イメージを膨らませておくといいですね。

ただし、くれぐれも赤ちゃんに負担のない撮影環境とポーズを。
生まれたての赤ちゃんは当然のことながら非常にデリケートな存在です。ちょっとしたことが事故につながりかねないので、撮影は真剣に、慎重に。可愛く撮りたいからといって顔や手足を無理に曲げたり、体に負担のかかる衣装を着せたりするようなことは絶対にしないで下さいね。

それと季節にもよりますが、裸やそれに近い姿の写真も撮られると思いますが、暖かい室温や湿度には十分な配慮を。

あとはママやパパの腕次第。自慢のカメラで赤ちゃん、家族ともに一生の記念に残る写真を写してあげて下さい。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ