ニューボーンフォトのスタジオ撮影について

スポンサーリンク

ニューボーンフォトの撮影場所。
自宅での撮影はもちろんリラックスできますが、一方でスタジオでの撮影も自宅とは違ったシチュエーションが楽しめそうです。

スポンサーリンク

スタジオ撮影ならではの小物や衣装、背景などにこだわって、一生の記念になる写真を残してください。
ニューボーンフォト スタジオ

スタジオで撮影するニューボーンフォトって??

生まれてきた赤ちゃんにとっても、ママやパパ、そして家族みんなにとっても一生の記念になるニューボーンフォト。貴重な写真なのでどんな場所で撮っても心に残る写真になることは間違いありませんが、せっかくの機会なのでしっかり考えて選びたいものですね。

ニューボーンフォトの撮影場所は、大まかにわけて写真店のスタジオでの撮影か、自宅もしくは産院での撮影となります。
日本では生まれたての赤ちゃんはお宮参りまではあまり外出させないという考え方が一般的ですが、ニューボーンフォト発祥の地、欧米では生後数日から3週間くらいまでのニューボーンフォトをスタジオや外で撮影することが多いようです。

ここでは、日本でのスタジオ撮影について簡単にふれます。

まずは近くのスタジオのある写真店、あるいはスタジオ撮影が可能なカメラマンをHPやブログなどで探しましょう。予約は大抵のお店、カメラマンとも3カ月~半年前くらいから可能です。もちろん出産のタイミングもあるので近づいたら改めて連絡を。

スタジオ撮影なら、温度湿度などの撮影環境をはじめ、小物や衣装、さまざまなシチュエーションなどの演出はお手のものなので安心して任せられますね。小物や衣装は自分で持ち込んでも可、というお店が多いので、カメラマンと相談しながら可愛く、そして神秘的な雰囲気を醸し出してみるのもいいですね。
そのほかママはこの時期、まだ体調が不安定なので、ゆっくりとリラックスできるスペースや、授乳施設などがあるかなどについて確認しておくといいかも知れません。

このあたり、気になることはいろいろ気軽に尋ねてみればいいですね。
あとは、金額と仕上がりの成果品をしっかり確認しておくこと。家族との撮影も可能かどうかも聞いておくとよさそうですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ