ニューボーンフォト撮影上手に撮る為のコツ

スポンサーリンク

一生の記念になるニューボーンフォト。記念だからこそ自分で写してあげたい、というママやパパもたくさんいるはず。

自分で写す際にはどういうことに気をつけて、どんなコツがあるのか。

スポンサーリンク

事前準備をしっかりして貴重な時期の写真を残してあげて下さい。

ニューボーンフォト コツ

自分で写す際のポイント(コツ)とは??

生後数日~3週間くらいまでの生まれたての赤ちゃんを撮影するニューボーンフォト。約3週間というほんのわずかな期間だけの撮影チャンスなので一生の記念に残るような写真を写してあげたいですね。もちろん、誰が撮ってもどんな写真でも記念になることは間違いありませんが、せっかくなら可愛く撮ってあげたいものです。

ニューボーンフォトの撮影は、写真屋さんや出張撮影してくれるプロのカメラマンにお願いして、スタジオや産院、自宅で写すというのが一般的ですが、ママやパパが自分で撮影する際のコツのようなものはないのでしょうか。
コツというよりも、最も注意したいことは、「絶対に赤ちゃんに無理をさせない」、ということです。
生まれたての赤ちゃんのからだはとても柔らかいのでいろんなポーズが可能ですが、ともすれば無理な体勢を強いてしまいかねません。できるだけ自然に、かつ可愛く取れるポーズをとらせてあげて下さいね。そして、季節にもよりますが、室温や湿度にも十分な配慮を。
生まれたての赤ちゃんはとてもデリケート。
準備にはしっかりと時間をかけて、撮影そのものは短時間で終わらせることが大切なコツです。ほとんどのカメラマンがそうするように、基本的にはすやすやと赤ちゃんが眠っているときに写すのがポイントです。

あとは、ママとパパのお好みしだい。
ブランケットなどで可愛くくるんだり、動物などをあしらったキュートな衣装を着せたり、あるいは髪飾りや帽子、お花を使ってみたり…
丸裸の写真をセピアやモノクロで写しても神秘的なイメージに仕上がりますよ。

写真店のHPやカメラマンのブログなどを参考にしながらさまざまな演出にこだわった自分なりのスタイルで写してみて下さいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ