子供の成長を記録するオリジナルアルバム

スポンサーリンク

一生の記念になるニューボーンフォト。
この写真をきっかけに自分なりのアルバムづくりにチャレンジしてみませんか??

スポンサーリンク

子どもの成長とともにアルバムも進化させ、どんどん楽しい思い出をつくっていって下さいね。

ニューボーンフォト アルバム

オリジナルアルバムにチャレンジ

生後数日~3週間くらいまでのわずかな期間の写真を撮るニューボーンフォト。
かさかさの肌の質感やママのお腹にいた余韻を残した丸まった体勢など、生まれたての赤ちゃん独特の雰囲気を醸し出した一生の記念写真となるはずです。
そんな貴重な写真ですから大切に、しかも思い出に残るようなかたちで残してあげたいものですね。

その一つの方法がオリジナルのアルバムづくり。
写真店や個人のカメラマンに撮影を依頼すれば、データとともにアルバムをつくってくれるところもありますが、この機会に自分でアルバムづくりにチャレンジしてみてもいいですよね。

ニューボーンフォトをスタートに、写真は赤ちゃんの成長とともにどんどん増えていきます。
最近はデジカメやスマホで写すことが主流ですが、ついついデジタルデータのまま置きっ放しという方も多いのでは??

せっかくの可愛い写真をそのまま置いておくのはもったいないですよね。

とはいえ、簡単に写せますからその量はきっと膨大。
まずは、アルバムに残していく写真の絞り込みから始めましょう。

1カ月間や一つのイベントごとといった整理の期間を決め、その一つの期間ごとに何枚の写真を貼っていくか、といった自分なりのルールを決めれば整理はしやすくなります。

そのルールにしたがえば自然に必要な写真が決まり、それをプリントアウトすればいいわけです。

そして次はアルバム選び。

アルバムは大きく分けて、フリーの台紙のものと、ポケット台紙のものとなります。
フリー台紙のものなら台紙に自由に貼り付けることができるので、写真の大きさや向きに制約されることなく貼れますね。

面白いかたちに切り抜いてみてもいいかも知れません。
台紙のサイズもLサイズやA4サイズなどさまざまあります。

一方、時間もないし手軽に写真を整理したいという方ならポケット台紙のアルバムを。簡単にたくさんの写真を整理したいならこちらの方が便利ですね。

自分なりの工夫を加えてアルバムを作ればきっとどんどん楽しくなるはず。
成長した子どもと一緒に作ったり、写真だけに限らず、家族で行った場所のチケットや子どもの落書きなど、思い出に残るものを一緒に整理していけばまた楽しさが膨らみそうです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ